住友電工システムソリューション株式会社

TrafficVision/MM

概要

車両や営業員の位置を取得し目的地への到着予測、作業状況管理を行うパッケージソフトウェアです。
目的地への到着予測にはリアルタイムVICS情報を活用し、到着遅れ早期把握、到着事前案内などのサービスに役立ちます。

動態管理イメージ画面

特徴

リアルタイムVICS交通情報を最大限に活用 リアルタイムVICS交通情報を活用し目的地への到着予測時刻と到着遅れチェックを行い、お客様への到着事前案内や目的地への遅れ連絡をメールで行うことができます。また、最新の交通情報を考慮して次目的地以降の全地点への到着予想時刻を算出することで、お客様からの問い合わせ対応や配送遅延の早期把握による被害拡大の防止に威力を発揮します。 VICS交通情報表示例

VICS交通情報表示例

乗務員の操作レス 目的地への到着/出発を自動判定しますので、乗務員の操作負荷はありません。
(手動によるステータス送信も可能です)
配送計画システム連携により作業進捗を一元管理 配送計画システムや貨物追跡システム等から、端末情報とともに配送計画を登録することで、複数地点での動態管理及び配送実績管理を実現します。 配送計画システム等で事前に立案した計画とその配送状況を車両位置とともに動態管理システム上で一元管理出来ますので、リアルタイムに計画の進捗を管理することが可能となり業務効率が向上します。

※「Traffic Vision」は住友電工システムソリューション株式会社の登録商標です。
※本システムで使用する道路交通情報データは、公益財団法人日本道路交通情報センターから提供されています。
また、本システムで使用する道路交通情報データの作成には、一般財団法人道路交通情報通信システムセンターの技術が用いられています。
※VICS (Vehicle Information and Communication System) とは、一般財団法人道路交通情報通信システムセンターで編集、処理された
渋滞や交通規制などの道路交通情報をリアルタイムに送信するシステムのことです。

利用形態

配送計画で予定を立案しているが、計画どおりに荷物が到着しているかわからない。
配送予定と配送実績とを一元で管理し、輸配送の品質を向上させたい。

Traffic Vision /MMは、配送計画システムから送られた計画とスマートフォンやGPS車載端末から送られた実績を一画面で表示でき、配送計画と配送実績を一元管理することができます。

お客様からの急な荷物の問合せ。指定された時間に荷物が到着していない模様。
乗務員の携帯に電話しても公共モード(ドライブモード)で出ず、現在どこを
走っているかわからず、お客様に回答することができない。

Traffic Vision /MMは、現在の車両位置(スマートフォンやGPS車載端末の位置)と最新の交通情報を考慮した次配送先以降の全目的地点までの所要時間を算出し、予想遅れ時間を表示しますので、お客様からの問合せに迅速かつ高い精度で対応することができます。

運送会社に配送業務を委託しているが、適切な配送が行われているのかわからない。
配送業務を透明化して、マネジメント力を向上させたい。

Traffic Vision /MMは、スマートフォンやGPS車載端末で収集したデータを活用し、実際の走行ルート、移動時間、待機時間、配送先での荷卸時間等の分析を行い、日報管理や安全運転の支援等に活用することができます。

警備会社のお客様から警備員の出動要請があった時、最寄りの警備員に出動させ
たいが・・・

Traffic Vision /MMは、スマートフォンやGPS車載端末で収集した位置データを活用し、お客様までの実際の走行ルート、移動時間等の分析を行い、最短で到着できる警備員に出動指示が可能となります。

タクシーの迎車依頼をいただいたお客様に、最寄りの空車に迎車指示を出したい
が・・・

Traffic Vision /MMは、スマートフォンやGPS車載端末で収集した位置データを活用し、お客様までの最短時間で到着できる空車に迎車指示が可能となります。

医療廃棄物や産業廃棄物を回収車に出したが、産廃処理施設に運んでいるのか確認
できない・・・

Traffic Vision /MMは、スマートフォンやGPS車載端末で収集した位置データを活用し、ゴミ回収車の運行履歴が確認できます。産廃物の積み込み/積み降ろしシステムと連動させれば不当廃棄の抑止効果も期待できます。

動作環境

Traffic Vision /MMで使用するサーバの推奨スペックは以下の通りです。
なお、運用拠点数(サーバにアクセスするクライアント数)によってサーバ増強が必要になる場合がありますので詳細は弊社までご相談ください。

①アプリケーションサーバ
OS Windows Server 2008 R2(64bit)
CPU 6コア Intel Xeon 2.4GHz X 1P
メモリ 16GB以上
HDD 146GB(15,000回転)以上
RAID --
②DBサーバ
OS Windows Server 2008 R2(64bit)
CPU 6コア Intel Xeon 2.4GHz X 1P
メモリ 16GB以上
HDD 146GB(15,000回転)以上
RAID RAID5

データベース :Oracle Database 10g Standard Edition
デジタル地図 :当社デジタル地図「Power Atlas」 Ver.2.0

TrafficVision /MM導入事例

SEIロジネット株式会社様

SEIロジネット株式会社様は、住友電工および関係会社の物流業務、電線市況品流通センターの運営をされており、2012年4月より運用開始されている車両運行管理システム「見えるとラック楽システム」に、当社動態管理システム『Traffic Vision/MM』が採用されています。本システムは、当社のコア技術であるデジタル地図、経路探索、交通情報を活用し、車両位置、交通状況、到着予定を見える化することで、配送遅れの懸念や配送に影響する交通阻害要因も即時に把握することが出来ます。これにより、輸送品質向上・お客様からの信頼性向上を実現されています。

主な特長
・車両の現在位置と渋滞、規制情報を同時に表示し、配送状態の確認が容易。
・車両の現在位置から計画に対する遅れを自動的に判断し、異常を即時に把握可能。
・重度の渋滞、通行止め、チェーン規制などの事象発生時に、関係者にメールで通知。

SEIロジネット株式会社様