住友電工システムソリューション株式会社

Hondaインターナビフローティングカーデータ

概要

住友電工システムソリューションは、本田技研工業株式会社のインターナビ フローティングカーデータの統計処理、抽出、ならびに販売業務を行っています。
 
より安全・円滑・快適な道路交通環境を実現するための基礎データとして、Hondaインターナビフローティングカーデータ(以下FCD)を有料でご提供いたします。
サンプル数が豊富で、主に官公庁向けに様々な用途で活用実績があります。
ご提供するデータは、Honda独自のテレマティクスサービス「インターナビ」から、通信で収集した走行データをもとに、大別すると
・「リンク旅行時間データ」
・「急減速発生地点データ」
・「経路データ」
の3種類のフォーマットに統計処理したものです。

リンク旅行時間データ表示例 急減速発生地点データ表示例
リンク旅行時間データ表示例 急減速発生地点データ表示例
※この図は実際のデータをもとにデジタル地図上に図化したものです。

特徴

対象車両が多く安定したデータが得られます

  •  無料データ通信機能付きHonda純正ナビは、2015年に150万台、データ収集距離も年間84億kmを突破。さらに年間数十万台ベースで増えるため、データ密度は年々拡充しています。
年間収取距離(億km)

個人情報、プライバシーを含まないデータです

  •  FCDは収集時から個人情報を含みません。また統計処理してご提供するため、個人のプライバシーを侵害する恐れもありません。

自家用自動車に特化したデータです

  •  営業車・貨物車等の業務車両の特殊な行動を含まないため、一般的な交通状況をご提供可能です。

GPSや携帯電話の受信状況に依存しない正確なデータです

  •  ナビゲーション本体の傾きセンサーや車速センサーなどを用いて、マップマッチングしたデータのため、ビル陰やトンネル内のデータもご提供可能です。

有料道路と一般道の識別も可能です

  •  カーナビ内部処理による道路種別認識により、一般道と同一平面上にある高架・地下の有料道路のデータも取得できます。

データ提供開始時期

  •  2010年度以降よりご提供可能です。

交通マネージメントへの活用メリット

  • ・プローブ実走行調査の実施に比べ、広範囲かつ大量のデータをリーズナブルな価格で入手可能です。
  • ・特定の路線だけでなく、広範囲の面的データの取得が可能です。
  • ・平日、休日、時間帯別などの集計分析も可能です。
  • ・事前調査を行っていなくても、過去にさかのぼって交通状況の把握・分析が可能です。(※2010年1月以降)
  • ・他の手段では得にくい急減速発生地点データは、潜在的危険個所の推定に使用可能です。

データ入手をご検討の方へ

道路管理者様(国土交通省各国道事務所・自治体・高速道路会社)およびその業務を委託された建設コンサルタント会社様向けに限り提供します。
 
※販売するのは「当該業務に限定したデータ利用権」です。データの知的財産権は本田技研工業株式会社に帰属します。
 第三者への譲渡、転売、配布、インターネット上へのダウンロード可能な状態での掲載等は一切禁止します。

FCDデータソース

Hondaインターナビリンク・プレミアムクラブ
http://www.honda.co.jp/internavi/
運営主体:本田技研工業株式会社 日本本部 営業企画部 営業戦略室
     ※インターナビは本田技研工業株式会社の登録商標です。

よくあるご質問