ITSインフラ

感知器

各種媒体を利用した感知器で、交通インフラに必要不可欠な情報を収集し、交通信号制御や情報提供に活用します。

超音波式車両感知器

車線上に設置した超音波送受器の超音波の反射を利用して、車両の検知を行います。

超音波式車両感知器
■構成等

感知ヘッドと本体で構成されます。
感知ヘッドを複数設けることで、複数の車線を感知できます。
感知可能領域は標準エリア(幅1.2m)と狭エリア(幅0.75m)の2タイプがあります。

光ビーコン

車線の直上に投受光器を設置し、近赤外線を媒体として、車両(車載機)と双方向通信を行います。アップリンク情報として通過時刻や位置などの情報を車両から収集し、ダウンリンク情報として渋滞情報などの交通情報を車両に提供します。また、近赤外線の反射を利用して車両の存在検出も行えます。

  • 光ビーコン
  • 光ビーコン
光ビーコン IRBV2-****-**
■構成等

投受光器と本体で構成されます。
投受光器を複数設けることで、複数の車線に対応できます。
交通情報提供システム(AMIS)、信号情報活用運転支援システム(TSPS)の他、オプションにより、以下のシステムにも対応可能です。
・公共車両優先システム(PTPS)
・車両運行管理システム(MOCS)
・現場急行支援システム(FAST)

■特徴

信号情報活用支援システム(TSPS)に対応した車載機から、アップリンク情報として車両の通行軌跡情報を収集します。また、信号灯色の変更スケジュールに基づいた情報をダウンリンク情報として車載機に提供します。
車載機(ナビ)は、この情報を利用して、前方交差点を青信号で通過するための推奨速度などの情報をドライバーに提供することができます。

画像式車両感知器

画像式車両感知器は、道路の上に設置したカメラからの映像を画像処理することで、交通量や速度を計測したり、渋滞や事故等の異常事象を検出したりすることができます。交通管制センターでは、これらの情報を利用して最適な信号制御を実現します。

■構成等

カメラと本体で構成されます。
走行車両は、複数の車線で検出できます。

■特徴

カメラを用いて、車両の感知、速度の計測、車種の判別、渋滞長の計測ができます。
車線数の多い道路であっても、短いアームを用いた設置が可能です。
オプションとして、静止画の圧縮伝送、駐車車両の検出、異常交通の計測も可能です。

画像処理技術

画像処理による車両検知

輝度による車両検出法に加え、画像変化の影響を受けにくい周辺増分符号による車両検出法を組み合わせた独自のアルゴリズムにより、建造物や併走車両の影が存在するシーンや、急激な日照変化が起こるシーンであっても、高精度な車両検出、追跡が可能です。
DSSS向けの長距離計測や、明暗が混在した場所での計測向けに、フルHDカメラやワイドダイナミックレンジカメラと組み合わせることも可能です。

■特徴

車両画像からナンバープレートを読み取り、旅行時間計測などに活用することができます。
曲がったナンバープレート・汚れたプレート等様々な条件下での読取に対応します。
また、独自の文字認識アルゴリズムにより、様々な国のナンバープレートに対応します。

遠赤外線式車両感知器

遠赤外線式車両感知器

遠赤外線を利用して、路面と車両の温度差を検出することで、車両の検知を行います。

■構成等

センサ部と本体で構成されます。
上方のセンサ部を複数設けることで、複数の車線に対応できます。

■特徴

センサ部は太陽電池で駆動することも可能で、その場合は電源線の引き込みが要りません。
センサ部で検出した信号を本体に無線伝送することも可能で、その場合は架線の敷設が不要になります。

歩行者用感知器(24GHzミリ波レーダ)

歩行者用感知器は、24GHzのミリ波レーダを採用しています。
電波を送信し、物体からの反射波を受信することでその物体までの距離を計測でき、横断歩道とその周辺を含むエリアに存在する歩行者を検知します。歩行者の検知情報は、交差点に進入して右折する車両に無線装置から提供され、ドライバーに注意喚起する安全運転支援サービスに活用されます。

■構成等

センサ部と本体で構成されます。

■特徴

優れた環境性能:ミリ波レーダは、昼・夜の日照条件や、晴れ・雨の気象条件などの環境変化に対しても高い性能を維持します。
高い歩行者検知精度:独自の歩行者検知アルゴリズムにより、見落としの恐れのある通過車両に隠れた歩行者も検知可能です。
広い検知エリア:直近の待機エリアから大小さまざまな規模の横断歩道まで歩行者を検知でき、横断歩道近辺の歩行者灯器柱に取付できるなど、高い設置自由度を有しています。

当社Webサイトでは、サービス向上を目的に、クッキーを使用しています。Webサイトの使用を継続すると、本Webサイトよりクッキーを受信し、保存することに同意したものとみなされます。当社の個人情報に関する取り扱いについては、個人情報保護方針をご確認ください。
閉じる